パソコンに保存した写真をスマホで見れるようにする方法

スマホとパソコン パソコン便利テクニック

前回の記事で「パソコン、スマホ、タブレットの違い」をお話しました。

その時に「パソコンとかスマホとか何種類もあったら、それぞれのデータを同じように更新するのが大変だなー。」って思いませんでしたか?(豆知識:パソコン、スマホ、タブレットなどの機器を「ネットワークの末端、端っこの機器」という意味で“端末”と呼びます。)

実際に一昔前にデータ移動(それぞれの端末を同じデータに更新)するときは、いちいちCD‐R、DVD、SDカードやUSBメモリーなど(データを保存する機器)を使って、端末ごとにあっちこっちデータをコピーしたり、移したりしてました。SDカードやUSBメモリーを持ち歩いて、物理的に直接データを移動させる方法です。

これ、初心者向けで(安全性も比較的高い)、やり方は簡単ですけど、けっこう時間がかかって面倒です。

せっかくこの話題が出たので、この機会にいろんな端末間でデータをやり取りする方法をいくつか挙げてみますね。※記事の後半に、身近な例でわかりやすく「データ=写真」として具体的な例を出します。

 

パソコンとスマホとタブレット

 

1・SDカード、USBメモリーなどにコピーして他の端末に移す。(前述の通り、少し前は一般的なやり方)

2・携帯メール、PCメールを利用して送る。(一回のデータ送信量が少ない場合向け)

3・LINEやFacebookなどのSNSを利用して送る。(自分限定公開にして投稿する)

4・GoogleやAppleなどが提供しているクラウドサービスを利用する。(最近の一般的なやり方)

5・専用のデータ共有ネットワーク(アプリ)を利用する。(仕事でセキュリティも考慮してる人向け)

 

一つずつメリット、デメリットを説明すると、記事のボリュームが増えすぎるので割愛します。(詳しく知りたい方はFacebookでコメントください。)

端的に言って、パソコン初心者向けの無難なやり方は1、2番だと思います。

3~5番はちょっと注意が必要だけど、使えるとすごく便利な方法です。

 

一応、僕が普段利用している4番のGoogleのクラウドサービスだけ簡単に紹介します。

 

スポンサーリンク

スマホもしくはデジカメで撮った写真の保存場所に悩んでる人向け

==例えばこんなケースの人==

街中で久しぶりに偶然ばったり会った友達との会話。

時間があったので、ゆっくりお茶を飲んで近況報告。

「最近○○に旅行に行ったんだよねー。」

「いいなー、写真撮った?見せてー。」

「あ、写真撮ったけどデジカメで撮ったからパソコンに保存してあるんだー。今は見れない。」

「えー、残念。」

===============

 

はい。これは残念ですね。

写真の整理が面倒というわけでなくても、記憶容量の少ないスマホには、写真をあまり保存しない(できない)ですよね。

 

でも、今は便利なサービスがたくさんあります。例えばこんな機能(アプリ)↓を使ったら、パソコンでもスマホでも、どの端末に写真データが保存されているか関係なく見ることが出来ます。(この機能は写真用ですが、その他にもデータ共有サービスはたくさんあります。)

 

 

グーグルフォト

参照元:Google Play

 

この機能(アプリ)のイメージはこんな感じです。写真データをイラストの雲の上のコンピューターに保存してる感じ。以前、少しだけお話したクラウドサービスの一つです。

今回はGoogleのサービスを紹介していますが、AppleやMicrosoftにも同じようなサービスがあります。

 

 

クラウドコンピューター

 

 

この機能(アプリ)は、Googleに登録さえしていれば、誰でも今すぐに使えます。

正確に言うと、写真をスマホからパソコンに移すというより、一つの端末に写真を取り込んだ瞬間に、他の端末でも「Google フォト」にアクセス(ログイン)して写真が見れるようになります。

つまり“スマホで撮った写真をパソコンでも簡単に見れる”し、“パソコンに保存してある写真もスマホで簡単に見れる”という事です。(※インターネットに繋がる環境が条件)

 

ちなみに「Googleに登録」=「Googleアカウントを作成する」という事です。

利用したいけど、まだGoogleアカウントを作成していない(登録していない)人は、こちらから登録できます。→「Googleアカウントを作成する

Google フォト(アプリ)の使い方は、また長くなるので別の記事に書きます。今回は「へー、そんな事が出来るんだ?」という感じで覚えていてください。

 


タイトルとURLをコピーしました